// (single line comment)

説明

コメントとは、プログラムがどのように動作するかを自分や他の人に知らせるために使用するプログラム内の行です。コンパイラでは無視され、プロセッサにも出力されないため、マイクロコントローラのフラッシュメモリのスペースを占有しません。コメントの唯一の目的は、プログラムの動作を理解(または記憶)するのを助けたり、他の人に知らせたりすることです。

1行コメントは、//(2つの隣接するスラッシュ)で始まります。このコメントは、行末で自動的に終了します。このコメントは、行末で自動的に終了します。//に続く行末までのコメントは、コンパイラによって無視されます。

コード例

コメントとして行をマークするには、2つの異なる方法があります。

注意

コードを試す際に、プログラムの一部を「コメントアウト」することは、バグの可能性がある行を削除する便利な方法です。この方法では、コードの中に行を残しますが、コメントにしてしまうので、コンパイラはその行を無視してしまいます。この方法は、問題点を見つけようとするときや、プログラムがコンパイルできず、コンパイラのエラーが不可解で役に立たないときに、特に役立ちます。

タイトルとURLをコピーしました