micros

説明

プログラムがスタートしてからの経過時間をマイクロ秒数で返します。
プログラム開始から約70分後にオーバーフローし、数値は0にリセットされます。

Arduino Portentaファミリーのボードでは、この関数の解像度はすべての1マイクロ秒の精度を持ちます。

16 MHz Arduinoボード(DuemilanoveやNanoなど)では、この関数の分解能は4マイクロ秒の精度、つまり、返される値は常に4の倍数となります。
8 MHz Arduinoボード(LilyPadなど)では、この関数の解像度は8マイクロ秒の精度、つまり、返される値は常に8の倍数となります。

構文

書き方 time=micros()
戻り値 (unsigned long)time
引数 なし

プログラム例

 

タイトルとURLをコピーしました