if

説明

if文はある条件を確認し、その条件が「真」であれば、次の文を実行します。

構文

condition: 真偽値(trueまたはfalse)を指定します。

プログラム例

if文の後では、括弧を省略することができます。省略すると、セミコロンで囲まれた次の行が唯一の条件文となります。

注意と警告

括弧内で評価される文には、以下のような1つ以上の演算子を使用する必要があります。

【比較演算子】

誤って一重の等号を使ってしまわないようにご注意ください(例:if (x = 10) )。単一の等号は代入演算子であり、xを10に設定します(変数xに値10を入れます)。代わりに二重の等号を使います(例:if (x == 10) )。これは比較演算子で、xが10に等しいかどうかをテストします。後者のステートメントは、xが10に等しい場合にのみ真となりますが、前者のステートメントは常に真となります。

これは、C++がif (x=10)という文を次のように評価するためです。初めに10がxに代入され(=は単純代入演算子である)ます。この為、xには10が入ります。その結果、if (x = 10) は常に TRUE と評価されますが、これは if 文を使用する際の望ましい結果ではありません。さらに、変数xは10に設定されますが、これも望ましい動作ではありません。

タイトルとURLをコピーしました