特別ライブラリー

portModeRegister:Arduinoのピン設定を高速化する高度な関数

Arduinoの標準関数でデジタルピンのモードをセットするpinMode関数がありますが、この関数と同じ機能を果たし、もっと高速で柔軟な関数がportModeRegisterとして用意されています。この関数はデータディレクションレジスタ(D...
UNO-ATmega328

Arduino UNOのATmega328Pリセット方法と実装ガイド

Arduino UnoのATmega328Pマイクロコントローラにおけるリセットピンは、マイクロコントローラをリセット状態にするために使用される特別なピンです。このピンを活用することで、プログラムの実行を初期状態から再開させることができます...
UNO-ATmega328

ArduinoUNOについて

Arduino Unoは、世界中のホビイスト、教育者、エンジニアに愛用されている、柔軟性に富んだオープンソースのマイクロコントローラーボードです。そのアクセスしやすさと拡張性により、電子工作のプロトタイピングから複雑なプロジェクトまで、幅広...
UNO-ATmega328

ArduinoとUART通信:基礎から応用までの完全ガイド

UARTとは UARTは、シリアル通信を実現するためのハードウェアデバイスです。この技術は、データをビットの連続として非同期的に送信することを可能にします。UARTは、送信者と受信者が同じクロック速度で動作することを前提としているため、クロ...
UNO-ATmega328

Arduino UNOで理解するSPI通信技術

SPIとは SPIは、Serial Peripheral Interfaceの略で、マイクロコントローラ間でデータを高速に転送するための通信プロトコルです。このシステムは、マスター/スレーブのアーキテクチャを使用しており、一つのマスターデバ...
UNO-ATmega328

ATmega328PとATmega328PBの違い

ArduinoUNOに使用されているCPUであるATmega328Pにはパッケージなどによっていくつかの種類が存在します。ここでは代表的なパッケージをご紹介します。 ATmega328Pの基本的な仕様 クロック速度 ATmega328Pは内...
UNO-ATmega328

Arduino UNOでリアルタイムクロック(RTC)機能を追加する方法: 実践的ガイドとテクニック

ATmega328Pに用意されているTOSC1は、外部32.768kHzの水晶振動子(クリスタル)を接続するためのピンで、TOSC1とTOSC2のピンの2つが存在します。これらは主に、リアルタイムクロック(RTC)機能やタイマー/カウンター...
UNO-ATmega328

Arduino UNOで高度なPWM制御を実現する:レジスタ操作による詳細ガイド

ArduinoUNOの標準PWM機能 ArduinoのUNOボードには、標準でPWMに使用できるポートが用意されています。そのポートは3,5,6,9,10,11でポート番号の前に~が表示されています。なぜこんなとびとびのポートなのか?それは...
UNO-ATmega328

Arduino UNOでUSARTをSPIマスターモードとして活用する究極のガイド

USERTをSPIマスターモードで使う メリットと使用の意義 ハードウェアリソースの効率的利用 Arduino Unoには標準で一つのSPIインターフェースがありますが、複数のSPIデバイスを同時に接続して管理する必要がある場合、USART...
UNO-ATmega328

Arduino UNOでインラインアセンブラを使用してLEDを点滅させる

プログラミング言語の中の、CPUに最も近い言語はアセンブラです。 アセンブラは低級言語と呼ばれますが、CPUに近いため低級とよばれるのですが、言語への知識テクニックはとても高級(高度)が必要です。 今日はこのアセンブラ言語を使ってLチカをさ...