大好きArduino

Arduino総合情報サイト

Arduino概要

7.Arduino開発環境を準備しよう

2016/08/16

Arduinoのメリット

Arduinoでプログラミングする際に必要なものは、Arduinoボードとプログラミング用の統合環境です。
ArduinoがPICや他のマイコンと異なる便利なポイントは、目的のボードを購入しUSBケーブルでPCと接続したら、あとは無料の統合環境をダウンロードしインストールするだけで簡単にマイコンプログラミングが始められることです。
無料の統合環境は、プログラムを記述する単純なエディタに、プログラムをコンパイルするボタンとボードへ転送するボタンが用意されています。
プログラムを書いてはコンパイルと転送ボタンをクリックするだけでいいのです。(実際にはコンパイルと転送は1つのボタンで1回で実行できます)

統合環境のダウンロードとインストール

Ardunoのホームページからダウンロードをします。 ココをクリックするとページに移動します。

●ダウンロード初期ページ

arduinoIDEダウンロード

Windowsの場合は installer と ZIPが用意されています。

通常はinnstallerを選びますが、IDEは特にインストールしなくとも、ファイルをダウンロードし、フォルダーの中のひとつのアプリを単独で起動させるだけでも動きますので、PCにインストールということをしたくない方は、下段の ZIPをダウンロードすればいいでしょう。

●ダウンロード確認ページ

WS000002

このエディタは基本的には無料ですが、いくらかの寄付をしてくれる人も求めています。
無料でダウンロードしたい方は、左側の JUST DOWNLOAD を選択します。

●ダウンロード先を決めてダウンロード

JUSTDOWNLOADをクリックすると保存先を確認するファイルダイアログがオープンします。
好みの場所にダウンロードをします。

●ダウンロード完了後は インストーラを起動し画面通り進める

WS000003

I Agreeをクリックします

WS000004

すべてをチェックします。

WS000005

インストール先を指定します。(デフォルトで良いと思います)

WS000006

インストールが始まります。

WS000007

1~2回ドライバーインストール確認画面がでますので、インストールをクリックします。

WS000008

インストールが完了しデスクトップ上にArduinoのアイコンが現れます。

 

-Arduino概要