ArduinoUNO ATmega328P PWM制御

UNO-ATmega328

ATmega328PマイクロコントローラにおけるPWM(Pulse Width Modulation、パルス幅変調)機能は、デジタル信号を使用してアナログのような制御を行うための強力な手段です。この機能は、LEDの明るさの調整、モーター速度の制御、音の生成など、多岐にわたるアプリケーションで利用されます。PWMの仕組み、それを実現するためのタイマーと割り込みの利用、そしてArduino環境での具体的な使用方法について説明します。

PWMの基本原理

PWMは、信号のオンとオフの割合を変えることで、平均的な電力出力を制御します。PWM信号は一定周期で繰り返され、その周期内でのオン時間の割合(デューティサイクル)を変更することで出力を調整します。デューティサイクルが長いほど、高い平均電圧が出力され、デバイスはより強く作動します。

ATmega328PにおけるPWM生成

ATmega328Pは、複数の内蔵タイマー(タイマー0、タイマー1、タイマー2)を使用してPWM信号を生成します。これらのタイマーは、カウンターとして機能し、プログラム可能な上限値に達すると自動的にリセットされます。デューティサイクルは、タイマーの比較マッチレジスタに値を設定することで制御され、この値に達したときに出力ピンの状態が変化します。

タイマーと割り込みの役割

  • タイマー: PWM生成のための基本的なタイミングを提供します。各タイマーは独立しており、異なるPWM信号を生成するために利用できます。
  • 割り込み: ATmega328Pでは、タイマーが特定の値に達した際に割り込みを発生させることができます。しかし、基本的なPWM機能の利用においては、割り込みは直接使用されません。高度なPWM制御や精密なタイミングが必要な場合に割り込みを利用することがあります。

ArduinoでのPWMの使用

Arduino環境では、analogWrite()関数を使用して簡単にPWMを利用できます。この関数は、指定されたピンにPWM信号を出力し、デューティサイクルを制御するための値(0から255まで)を引数として受け取ります。

// Arduino Unoのデジタルピン9に接続されたLEDの明るさを変える例

void setup() {
// 初期設定は不要です
}

void loop() {
for (int brightness = 0; brightness <= 255; brightness++) {
// デューティサイクルを徐々に増やす
analogWrite(9, brightness);
delay(10);
}

for (int brightness = 255; brightness >= 0; brightness--) {
// デューティサイクルを徐々に減らす
analogWrite(9, brightness);
delay(10);
}
}

このコードは、デジタルピン9に接続されたLEDの明るさを徐々に増減させます。analogWrite()関数は、内部的にATmega328PのPWM機能を利用しており、非常に直感的にデバイスを制御できます。

まとめ

ATmega328PのPWM機能は、Arduino Unoを含む多くのプロジェクトで非常に重要な役割を果たします。内蔵タイマーを利用したPWM信号の生成は、電子デバイスの精密な制御を可能にし、ArduinoのanalogWrite()関数を通じて容易にアクセスできます。これにより、LEDの調光、モーターの速度制御、音声信号の生成など、多様なアプリケーションが実現可能になります。

ネイティブコードでのPWM制御

Arduinoライブラリを使用せずに、ATmega328Pのレジスタを直接操作してPWMを制御する方法を紹介します。この例では、Arduino Unoのデジタルピン9(ATmega328Pのピン15、PB1に相当)を使用して、PWM信号を生成します。ピン9は、タイマー1に接続されているため、このタイマーを設定してPWMを生成します。

void setup() {
// ピン9を出力として設定
DDRB |= (1 << DDB1);

// タイマー1設定:
// WGM13:0 = 14 (Fast PWMモード、TOPはICR1)
// COM1A1:0 = 2 (非反転モード、OC1Aピンをクリアし、BOTTOMでセット)
// CS12:0 = 2 (クロック選択、分周器を8とする)
TCCR1A = (1 << WGM11) | (1 << COM1A1);
TCCR1B = (1 << WGM13) | (1 << WGM12) | (1 << CS11);

// PWMの周波数を設定 (f = F_CPU / (N * (1 + TOP))、Nは分周器、F_CPUはクロック周波数)
// 例: 16MHzのクロックで、分周器を8、ICR1を19999とすると、PWMの周波数は約50Hz
ICR1 = 19999;

// デューティサイクルを設定 (OCR1A / ICR1)
// 例: ICR1の50%でデューティサイクルを設定
OCR1A = 9999;
}

void loop() {
// この例ではループ内での操作は行いません
}

このコードは、タイマー1をFast PWMモードで設定し、PWM信号の周波数とデューティサイクルを制御しています。ICR1レジスタによりPWMの周波数を設定し、OCR1Aレジスタでデューティサイクル(パルスの幅)を調整します。

注意点

  • PWMの周波数とデューティサイクルは、ICR1OCR1Aの値によって決まります。これらの値を変更することで、異なる周波数やデューティサイクルを実現できます。
  • 使用するタイマーに応じて、適切なピンとレジスタ設定を選択する必要があります。Arduino Unoにはタイマー0、タイマー1、タイマー2があり、それぞれ異なるピンに割り当てられています。
  • 上記のサンプルでは、Arduino Unoのデジタルピン9を使用していますが、他のPWM対応ピンに対して同様の設定を行うことで、複数のPWM信号を生成することも可能です。

このように、Arduinoライブラリを使用せずにレジスタ操作を行うことで、より細かい制御が可能になりますが、レジスタの設定にはより深い理解が必要となります。このアプローチは、特定の要件を満たすためのカスタムPWM信号を生成する際に有用です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました