大好きArduino

Arduino総合情報サイト

Arduino文法

pulseIn()

2016/06/09

ピンに入力されるパルスを検出します。
たとえば、パルスの種類(value)をHIGHに指定した場合、pulseIn関数は入力がHIGHへの変化と同時に時間の計測を開始します。
そして、LOWに戻った段階までの時間(パルス長)をマイクロ秒単位で返します。
タイムアウト時は、タイムアウトした時点で0を返します。

おおよそ、10マイクロ秒~3分程度まではカウントが可能です。

pulseIn(pin, value)
pulseIn(pin, value, timeout)

pin: パルス入力ピン番号
value: パルスの種類。HIGHまたはLOW
timeout(省略可): タイムアウトまでの時間(単位・マイクロ秒)。デフォルト1秒 (unsigned long)

【戻り値】

パルスの長さ(マイクロ秒)。
タイムアウト時は0 (unsigned long)。
●Example from Arduino Web Site

int pin = 7;
unsigned long duration;

void setup()
{
  pinMode(pin, INPUT);
}

void loop()
{
  duration = pulseIn(pin, HIGH);
}

Arduino 原文ページ

-Arduino文法